意外と簡単|疲れ顔の原因は目の下のたるみだった|治療して明るい顔になろう

疲れ顔の原因は目の下のたるみだった|治療して明るい顔になろう

意外と簡単

ドクター

メスを使わない方法も

目の下のたるみはマッサージなどをすると余計ひどくなったり、色素沈着を起こすことがあります。簡単な手術で改善できるので、取りたい場合には美容整形外科で治療を受けた方が良いでしょう。涙袋が大きい人は加齢によって脂肪がふくらみたるんでくることがよくありますが、こういった場合には脂肪を取り除く手術をすることでたるみを取ることができます。レーザーを使って下まぶたの裏側にごく小さな穴をあけ、そこから脂肪を取り除きます。メスを使わず施術が受けられるため大変人気がある手術方法です。またたるみのせいで目の下が窪んでしまう場合には、余分な皮膚を切除する手術が有効です。状況によって2つの手術を組み合わせて行った方が良い場合もあります。たるみを取ることで目元がすっきりして若返って見えるようになります。

たるませないようにする

目の下のたるみ手術を受けると効果が長続きするため、いつまでも若々しい顔でいることができます。目の下は皮膚が薄くたるみやすい部分なので、効果をより長続きさせるためには再びたるませないように気をつける必要があります。長時間瞬きをしないと目の周りの筋肉が固まってたるみやすくなります。パソコンやスマートフォンを使っていると、ついつい夢中になって瞬きするのを忘れてしまうという人は多いので意識的に瞬きすることが大切です。また目の周りをこするのもたるみの原因になります。アイシャドーなどを落とす時についゴシゴシこすってしまうという人は少なくありませんが、たるみを引き起こす原因となるのでやめましょう。手術は大変効果的ですが、中には手術をするのが嫌という人もいます。たるみ改善には手術が不要の方法も沢山あるので美容整形外科で相談してみると良いでしょう。